スマート農業導入サポート(農薬散布ドローン)

スマート農業への活用
ドローンによる農薬散布をサポート

農薬散布は大変な時間と労力を要します。農業用ドローンを導入すれば液体の農薬、肥料および除草剤の散布を高精度にムラなく適正な割合で行えます。また人力と比較して最大60倍の速さで散布が行えるため、効率的な作業が可能になり、負担を大幅に軽減できます。

ドローン散布のメリット

メリット1

人力では数時間を要する1ヘクタールの散布作業が、ドローンでは約15分程度で完了します。アプリ上で事前に作業を計画できるほか、リアルタイムで飛行を管理することも可能なため、作業効率が大幅に向上します。

メリット2

多くの農業ドローンは高精度ミリ波レーダーを搭載。地形や地表面を認識することで、機体と作物の距離を一定に保ち、高精度な噴霧を可能にします。これにより散布ムラが発生しないような構造になっています。

メリット3

軽トラックに積載することを前提にしている機体が多く、折り畳み機構などにより一人でも持ち運びが可能になっています。いつでも場所を選ばずに自由に移動することができるため、山間地や傾斜地での活用が可能です。

国産農業用ドローン「AC101」 商品説明

軽量・コンパクト・低燃費

 

日本の農業の現場を考えた、AC101の3つのコンセプト

機体重量
7.3kg

機体もバッテリーもハンドル付きで持ちやすく軽量なため、作業負担を大幅に軽減しています。

タンク容量
9L

日本の圃場に合わせた小型設計ながら、タンク容量9Lを実現。誰でも簡単に軽トラックへ積載可能です。

最大飛行時間
35分

1バッテリーで最大2.5ha散布が可能。最大35分の飛行により、交換なしで効率よく散布できます。

農薬散布映像

DJI 「AGRAS T20」を実際に運用している映像です。

導入までの流れ

ライセンスの取得

農業ドローンの購入にはメーカーや機体毎に、オペレーターライセンスを取得することが必要な場合があります。技能認定書の取得・適用機種の教習・技能検定を受けて頂き、ライセンスの取得をして頂きます。

機体のご購入

利用目的に合わせた機体をご購入頂き、整備点検後に納品いたします。納品時には必ず散布テストを行います。ドローンの性能は農林水産航空協会の基準を満たし、定期的に機体点検をする必要があります。

散布計画の立案

農業用ドローンを飛行させる場所と散布エリア、散布予定日や作物名の登録を行います。散布できる農薬の種類に制限がある場合もあります。効率的な飛行ルートを自動作成できる機体もあり、作業の利便性が高まります。

農薬散布の実施

散布作業では一般的に操縦オペレーターと補助を行うナビゲーターの2人体制で散布作業を行います。天候や風、周囲の人や物に十分に配慮した安全な散布を実施します。

PAGETOP
Copyright © 株式会社 ホバリング All Rights Reserved.