マルチスペクトルカメラ導入

マルチスペクトルカメラ導入

マルチスペクトルカメラの活用

太陽光や照明の光、また、その光が農作物や物体などに当たり、返ってくる光のことをマルチスペクトルと呼びます。人の目で見える可視光線の波長帯の電磁波だけでなく、紫外線や赤外線、遠赤外線などが該当し、人の目で見えない不可視光線の波長帯の電磁波も記録されます。このスペクトルを観測することで農作物(植物)の生育状況を調べることが可能となる技術です。

NDVIによる解析

農作物の生育状況(光合成能力)の解析は、マルチスペクトルカメラで撮影したデータを活用して数字または色として再現できるNDVI(正規化植生指数)データを使用します。異なる季節や日時で撮影することで、NDVI画像を比較することにより、生育状況などを把握できます。

ドローン活用のメリット

近年、マルチスペクトルカメラは小型化やドローンとの一体型などにより、ドローンに搭載して活用することが可能になりました。広大な耕作地であってもドローンであればエリアを指定して自動航行させることができるため運用は非常に容易となっています。

ソフトウェアの充実

写真測量ソフトウエアPix4Dmapperや農業用に特化したPix4Dfieldsなど、解析ソフトウェアにより誰でもNDVI画像を出力することができるようになりました。マルチスペクトルカメラには太陽光センサ(撮影時における光の強度のデータを測定)が付属していることが多いのですが、これらのセンサにもソフトが対応しているため補正も容易となっています。

農業への活用

マルチスペクトル技術を使うことで、農作物の生育状況を把握できます。またどのエリアに肥料や薬剤を散布するべきかなどの参考にもなります。さらに生育異常(病気や害虫など)にも対応可能です。これらによりベテラン農業従事者でなくても農作物の様子を確認できるだけではなく、データ化して保存できるため、必要に応じていつでも比較検討ができるのも大きなメリットとなるはずです。弊社ではこれらの導入や運用のサポートを行います。

工場空撮は実績豊富な当社へ!
空撮による定期検査
マンション眺望
赤外線カメラ撮影
撮影機材
空撮料金
製作の流れ
安全宣言
よくある質問
ホバリング
株式会社 ホバリング
〒430-0926
静岡県浜松市中区砂山町329-1
ボンサンテ砂山2階
TEL.053-522-8105
[営業時間] 平日9:00 - 17:00
空撮オーダーフォーム
PAGETOP
Copyright © 株式会社 ホバリング All Rights Reserved.