赤外線カメラ検査

赤外線カメラ検査

赤外線カメラは、夜間や悪天候などの状況でも赤外線エネルギーを検出してリアルタイムで画像化できます。撮影した画像データは熱情報も含めて保存できるため、データから正確な温度の計測や詳細な分析をすることも可能です。

赤外線カメラ検査のメリット

遠く離れた場所からでも、対象物から放出される赤外線エネルギーを熱画像として捉えることができます。そのため肉眼では判断できない検査や調査が可能です。

特殊な器具で叩くことや破壊をしない検査のため、設備や建物を傷めることがありません。また電子データとして残せるため、定期検査においては経年劣化を確認できます。

施設や設備をドローンで上空から検査する場合、足場や高所作業車が不要となります。そのため作業員の安全とコストや時間の削減を両立できます。

太陽光パネル検査

稼働中の太陽光パネルを撮影しホットスポットなどの異常個所を発見できます。費用削減や調査時間の大幅な短縮が可能です。

再生可能エネルギー特別措置法(改正FIT法)という法律により、太陽光発電システムの「適切な点検・保守」が義務化されました。発電開始後は、事業計画申請時のメンテナンス計画に則り、適切な適切な点検・保守を実施する必要があります。地上のでの人力ではなくドローンによる空から行うことで、点検工数を大幅に削減できるメリットがあります。

太陽光パネル検査で
こんなお悩みありませんか?

通常の故障個所検出方法は、検出器を設置して発電状態を監視することにより異常の検出を行っていますが、どのパネルのどのセルに故障が起こっているかを検知するまでに、手間と時間を要していました。また、太陽光を利用する関係上、設置場所が広範囲に及び、容易に検査を行うことが出来ない場所に設置されていることが多いのが実情です。

ドローン検査のポイント

大規模なメガソーラーでは移動だけでも時間がかかりますが、ドローンであれば遠隔地から操作できるため、移動を最小限に抑えられます。

従来のような多数の人員を動員することなく、多くの機器を設置することもなく、少人数で的確かつ正確な検査を行うことが可能となりました。

手持ちの検査器を歩き回って一枚一枚検査することから、上空から太陽光パネルを一度に検査できますので、時間の短縮につながります。

太陽光パネルは劣化や故障で異常が発生すると熱を帯びるため、赤外線サーモグラフィカメラで温度変化を検出し、異常箇所を特定します。
参考画像→


赤外線カメラによっては可視とサーモグラフィを同時に記録できるため、パネルの周辺環境を含めて記録できます。

従来の検出方法では検査機器設置に多額の費用と時間を要していました。ドローンによる検査ならばその費用を大幅に抑えることができます。

コンクリート建造物の非破壊検査

建築物や構造物において、任意の範囲の内部空洞やコンクリートの浮きなどの欠損、損傷が非破壊による検査で可能です。

電信柱や電線の点検

目視、双眼鏡で行う高所設備の巡視点検は、赤外線カメラを活用することで高精度・高効率化を可能にします。

屋根の雨漏・断熱点検

雨漏りだけでなく、断熱性や遮熱性などを調査できるため、リフォーム方法の計画立案や効果的な塗装が可能です。

鳥獣被害調査

有害野生鳥獣であるシカやイノシシなどの生息調査を行うことで、鳥獣対策の計画立案などをサポートします。

その他活用法

橋梁調査

法面調査

道路調査

対応機材

DJI MATRICE 300 RTK

MATRICE 300 RTKは、優れた飛行性能、高性能センサーによる障害物検知性能、マルチセンサーカメラとの連動性など産業用ドローンとしての卓越した性能を備えたプロフェッショナル用ドローン。デュアルジンバルにより赤外線カメラとズームカメラなど、異なる機能を持つカメラを搭載可能です。

DJI Zenmuse H20T

Matrice300 RTKに搭載可能な広角カメラ、ズームカメラ、レーザー距離計、放射分析サーマルカメラを搭載したクアッドセンサーモデルの高性能ドローンカメラです。H20Tが1台あれば多様なデータの取得が可能です。

DJI Mavic 2 Enterprise Advanced

あらゆるミッションにおいて、細部まで正確に情報を捉えるMavic 2 Enterprise Advanced。高解像度のサーマルカメラとビジョンカメラを搭載したM2EAは、最大32倍のデジタルズームに対応し、RTKモジュールによるcmレベルの測位精度を実現します。

Parrot ANAFI USA

Parrot ANAFI USAは米国で製造され、32倍ズーム、赤外線サーマルカメラ、頑丈な機体、データ暗号化とプライバシー機能による高度なデータセキュリティを盛り込んだ産業向けドローンです。

Autel Robotics EvoⅡ DUAL

EvoⅡ DUALは米国で製造され、赤外線と可視カメラを搭載。赤外線カメラはFLIR Bosonを搭載しそれにより最大640×512の解像度で146m先の被写体を詳細に撮影することが可能。また可視カメラは最大7680×4320の解像度で8K録画可能。

ACSL Mini

国産ドローンACSL Miniは、ドローン用に設計されたFLIR Duo Pro Rを搭載可能。可視と赤外線両方の画像を2枚のマイクロSDカードに記録。カメラ本体にGPS、IMU、磁力計、圧力計を搭載しているので、カメラ単体で必要なデータが収集可能です。

工場空撮は実績豊富な当社へ!
空撮による定期検査
マンション眺望
赤外線カメラ撮影
3Dデータ生成
撮影機材
空撮料金
製作の流れ
安全宣言
よくある質問
ホバリング
株式会社 ホバリング
〒430-0926
静岡県浜松市中区砂山町329-1
ボンサンテ砂山2階
TEL.053-522-8105
[営業時間] 平日9:00 - 17:00
空撮オーダーフォーム
PAGETOP
Copyright © 株式会社 ホバリング All Rights Reserved.