BlueROV2

BlueROV2
BlueROV2

製品概要

BlueROV2は、世界で最も手頃な価格の高性能水中ROVです。6基または8基のスラスタを搭載し、豊富なアクセサリとオープンソースのソフトウェアにより、これまでにないレベルの性能、柔軟性、拡張性を実現しています。数千台の導入実績を誇るBlueROV2は、水中ドローンの中でもトップクラスの人気を誇っています。

BlueROV2は部分的に組み立てられており、完成までには6~8時間のユーザーによる組み立てが必要です。組み立ての過程では、システムを構成するすべての部品がどのように機能し、どのように組み合わされるのかを学ぶことができ、将来的なアップグレードや改良に必要な知識を得ることができます。

ライブHDカメラと照明

ROVの前面には、ROVでの使用に最適化された高解像度(1080p、30fps)の広角低照度カメラが搭載されています。このカメラはチルト機構に取り付けられており、ROVが水平であっても、パイロットはカメラのチルトをコントロールして上や下を見ることができます。

ROVには、調光可能なLumen Lightsを2台または4台搭載することができ、最大6,000ルーメンの明るさで深海を照らすことができます。

ベクター式スラスタ構成とヘビー構成

このROVは、特許取得済みのT200スラスタをベクター構成で使用しており、高い推力重量比とあらゆる方向への正確な移動能力を実現しています。ROVには6つのスラスタが搭載されていますが、Heavy Configuration Retrofit Kitを使用することで8つのスラスタに拡張することができ、完全な6自由度の制御とフィードバック安定性を実現します。
調整可能なゲインレベルにより、パイロットは極低速での精密な制御だけでなく、潮流を克服して重い荷物を運ぶための高いパワーも得ることができます。

深度評価

BlueROV2は、水深100メートル(330フィート)に対応しています。この定格は、4インチのアクリル製防水筐体チューブの潰れ深さなど、いくつかの要因によって制限されており、ある程度の安全率が確保されています。

モジュラーフレームデザインと拡張性

BlueROV2は、水中業務や調査研究用途ROVのようなデザインで、オープンフレームに電子機器やバッテリーの筐体、スラスタ、浮力フォーム、バラストウエイトなどを搭載しています。このシンプルなデザインは、堅牢で拡張性に優れており、ROVグリッパーやスキャニングソナーなどのアクセサリーを簡単に取り付けることができます。さらに、フレームを延長し、より大きなペイロードを取り付けることができるペイロードスキッドも用意しています。このスキッドには、科学機器、高圧洗浄機のアタッチメント、追加のバッテリー筐体などが取り付けられています。

BlueROV2は拡張や改造が可能な設計になっており、多くのユーザーがそれぞれの用途に合わせてより劇的な改造を行っています。標準のフレームをカスタムフレームに置き換えることで、想像できる限りの水中ロボットを作ることができます。

オープンソースの制御ソフトウェアとユーザーインターフェースソフトウェア

BlueROV2は、オープンソースのArduSub海底ビークル制御ファームウェアを実行するドローンのフライトコントローラーによって制御されています。ArduPilotプロジェクトの一環として、ROVに膨大な数の機能や性能、広範なユーザーコミュニティをもたらしています。

地表では、パイロットはラップトップコンピュータとゲームパッドコントローラを使ってROVを制御します。オープンソースのQGroundControlアプリケーションがユーザーインターフェースとして機能し、ライブビデオストリーム、センサーからのフィードバックや情報、設定や構成を変更する機能を提供します。

BlueROV2を使いこなすために

BlueROV2は、ROVの入門者から上級者までを対象とした製品です。いくつかの部品を除いて、海に入るために必要なものがすべて付属しています。

・ノートPC - Windows 10、Mac、LinuxのいずれかのOSを搭載した中・上位機種を推奨します。また、Windows Surfaceタブレットなど、一部のタブレットにも対応しています。
・ゲームパッドコントローラー - Xbox OneコントローラーまたはLogitech F310、F710コントローラーをお勧めします。
・バッテリー - 最高のバッテリー寿命を実現するために、当社では14.8V、18Ahのリチウムイオンバッテリーを推奨していますが、すべての地域に発送することはできません。また、他にも互換性のあるバッテリーが多数ありますので、それらも使用可能です。長時間運航のために十分な量のバッテリーを用意することをお勧めします。
・バッテリーチャージャー - 推奨チャージャーもありますが、バッテリーに対応したリチウムイオンバッテリーチャージャーであれば何でもOKです。

利用可能なオプション、アドオン、およびアクセサリー

まず、設定可能なオプションがいくつかありますので、それを選択していただきます。

・ テザーケーブルの長さは、25mから300mまで選ぶことができます。どのくらいの深さ、どのくらいの距離を移動したいかによって長さが変わります。100m以上の長さの場合は、管理しやすいようにスプールをお勧めします。

・ ライトには2灯式と4灯式があります。暗い場所や夜間の作業が多い場合は、4灯式がお勧めです。

基本的な機能をしっかりと把握した上で、BlueROV2を拡張する方法は無数にあります。中心となるアクセサリーをいくつかご紹介します。

・ ニュートングリッパーは、水中での物体の操作や回収を可能にします。
・ スプールは、テザーケーブルの運搬や使用を容易にします。
・ Heavy Configuration Retrofit Kitは、2基のスラスターと浮力を追加し、安定性と積載量を向上させます。
・ Ping360スキャニングソナーにより、視界の悪い海中での航行や水中の物体の位置確認が容易になる。
・ ウォーターリンク水中GPSキットは、地図上での測位とナビゲーションを可能にするシステムです。

PAGETOP
Copyright © 株式会社 ホバリング All Rights Reserved.